ひとてまいの安全性や子供や赤ちゃんでも大丈夫?

 

家庭を預かるママさんや一人暮らしで食生活が不安定な方など様々な人たちに使われているひとてまい

 

販売している会社もかなり大手の健康コーポレーションなので、商品に問題はなさそうですがやはり口に入れるものなので安全性は気になりますね。

 

そこで今回はそんなひとてまい

ひとてまいの安全性や子供や赤ちゃんでも大丈夫?

についてまとめてみたいと思います!

 

ひとてまいの安全性は?

野菜から摂取すると膨大な量が必要になるビタミンB1やB6、美容に効果があるヒアルロン酸や海洋コラーゲンを含んでいるひとてまい。

 

手軽に1日に必要な栄養を摂れる健康食品としてしられています。

 

しかし、その栄養素が天然のものでないと安全性が確かとはいえずちょっと不安が残ってしまいますね。

 

そこで、ひとてまいがどのようなコンセプトで製造されているのか見てみます。

 

まず、ひとてまいの製品には天然由来の成分を使っており、保存料を不使用はもちろんのこと無香料、無着色になっています。

 

これは管理人も実際に購入してほぼ無味無臭でお米の味も変わらなかったので余分なことは全くしていませんね。

 

個々の成分の安全性を見てみても

 

・ お通じ改善に効く食物繊維は天然成分しようのとうもろこし。

・ 糖分としては砂糖ではなく、血糖値の上昇がゆるやかなオリゴ糖を使っています。

  これはカロリー面を抑える意味もあります。

・ ビタミンB1やB6などを定着させるため化学合成物質を使用していますが。国の安全基準を満たしており、体に無害な物質を使用しています。

・ 女性の味方であるヒアルロン酸は動物由来を使っている製品も多い中で乳酸菌由来であり、アレルギーや感染症の 心配が減少します。

 

このように健康に関する商品だけに安全性には石橋を叩いて渡る工夫や考えが随所に織り込まれていて信頼性は高いです。

 

製造工程としてもGMP認定を受けた工場で製造されており、商品の元となる原材料から製造出荷、製品の品質安全性確保のクオリティを保っています。

 

このGMP認定とは

Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、原材料の受け入れから製造、出荷まで全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。

 

公益財団法人である日本健康・栄養食品協会によって認定され、各製造工場の査察など取得までには様々なハードルをクリアする必要があります。

 

晴れてクリアしGMPを順守していると認定され国内の工場で作られた健康食品にはこちらのマークがついています。

 

ひとてまいだけではなく健康食品の安全性は消費者にとって一番大事なところだけに、今後はこのGMPマークに注意したいところです。

 

ひとてまいは子供や赤ちゃんでも大丈夫?

 

偏食でどうしても野菜嫌いの子供が増えている昨今の現状を踏まえて、子供の成長を考え購入するママも多いひとてまい。

 

子供に関しては安心安全にこだわり国内製造を行なっており、口コミや評判を見てみても小さな子供がいるお母さんが家族みんなで愛用しています。

 

赤ちゃんに関して言えば、形状としては粉なので少しミルクに混ぜたりすることもできるので栄養面を早く考えているお母さんは実際に使用しています。

 

販売元である健康コーポレーションの発表では

使用している原材料などは安全でと問題ないはずですが心配な場合は、お医者さんに相談して下さい

とのことなんです。

これは海洋性天然コラーゲンでは魚の皮を使用しているので魚アレルギーの赤ちゃんなど該当するケースなどは一度確認してほしいということになっています。

 

やはり企業として赤ちゃんに対して絶対安全ということは難しいようですが、離乳食からひとてまいを利用しているママさんも多いです。

さらなるひとてまいの成分や口コミなどの関連情報はこちら↓

ひとてまい 

ひとてまいの効果を検証。口コミや成分などを調べてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です